賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

賃貸テラスハウスとは

賃貸物件を探していると、テラスハウスという名称の物件を目にすることがあります。賃貸テラスハウスとは、一戸建ての住宅が複数くっついてひとつの集合住宅になっているような住まいです。中に入ると1階と2階に分かれていて階段で繋がっています。住まいとしては普通の一戸建て住宅と変わらない感覚です。ただ、壁を隔ててすぐ隣が隣人が借りている部屋なので、騒音などは通常の賃貸マンションと同じく気にしたり、気を付けたりして生活をする必要があります。

一人暮らし向けというよりファミリー向けで、一戸建てを買うよりも安く借りて、賃貸なのに一戸建てに住んでいるような感覚で生活できるところが魅力です。2階で騒いでも1階も自分の部屋なので子供がいる家庭でも安心です。デメリットとしては騒音問題があります。戸建て感覚とはいえ、隣の人に迷惑をかけないように生活することが求められます。また、賃貸テラスハウス自体、需要に対して供給量が少ないのでいい物件を探すのが難しいのも欠点です。