賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

環境や家族に応じて賃貸を活用しましょう。

分譲マンションや持ち家の一軒家など後々財産として残るものは魅力的に見えますが、環境の変化に応じることが難しい時もあります。家族が増えたからローンを組んで一軒家を建てたいと思い建てたとします。建てた時点では、予定がなくても後々転勤などということがあるかもしれません。会社から補助が出たとしても二重に家賃を払うような状況になり、生活を圧迫するかもしれません。また、子どもが小さいうちはいいのですが大学入学を期に家を出たり、社会人になり結婚をしたタイミングで、夫婦二人で生活をするには広すぎて管理が行き届かないこともあるでしょう。

さらに賃貸ならば、老朽化が心配、小学校の近くや職場の近く、緑が多いところがいいなどその時々に応じて変えていくことができます。その点、賃貸では環境や家族の人数に応じた住み替えも気軽にできますし、管理人さんがいる賃貸を選ぶと住まいの管理も楽になるでしょう。これなら年をとってからも安心ですね。

賃貸・住まいを今から調らべましょう