賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

夫名義で賃貸を利用し夫が亡くなると妻は住めるか

夫が借金をしていたとします。妻は保証人にはなっていません。となれば妻に返済する義務はありません。これは逆の立場でも同様です。夫が亡くなったとき、妻が相続を受けることがあります。そうなると借金も相続の対象になりますが、その借金が資産よりも大きいのであれば相続を放棄すればよいでしょう。資産も引き継げませんが、借金も引き継げません。夫との関係については、夫が生きていいるとき、亡くなった時で少し変わることがあります。

夫名義の賃貸を夫婦で利用していて、夫が亡くなってしまいました。名義人がいなくなったので、この物件は解約しないといけないかですが、その必要はありません。妻はそのまま住み続けることができます。契約の変更もありません。

これは借家権を相続できるためと言われています。資産も引き継ぐことができますが、権利も引き継ぐことができるのです。2人で暮らしていたので少し大きめのところになるので、一人用の物件に引っ越しすることもあるでしょう。

賃貸・住まいを今から調らべましょう