賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

賃貸の敷金はすぐに返金されないこともある

賃貸物件を利用していて、そこを退去して別の物件を利用したい場合があります。別の物件においても初期費用がかかります。敷金、礼金、仲介手数料などがあります。大きな金額ですから、すぐに準備できるものではありません。貯金などを下ろすこともあります。その時思いついたのが今住んでいるところの敷金です。これは入居時に払うものの、退去時に戻してもらえる性質のものです。滞納もありませんから、だいたい返してもらえると考えています。

引越し日が最終契約日になり、その場で鍵などを渡すことになっています。そのときに現金でもらうことができれば、引越し先において初期費用に充てることができます。預金などを解約しなくても、支払いをすることができます。

物件によっては早い段階で返金してもらえることもあるのですが、通常は原状回復の調査などをすることが多いです。それから費用の負担分を計算して返金をしてもらえます。返金まで数習慣かかることもあるとされます。