賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

賃貸で原状回復の特約は無効なものがある

契約をするとき、互いに不利なところがないか確認をします。納得をして不利な契約を結ぶこともありますが、知らずしていつの間にか不利な契約を結ばされていることもあります。知らないうちにサインをしてしまったので、その通りに行わないといけないこともあります。ですから、必ず内容を確認し、慎重にサインしないと行けないと言われます。ビジネスにおける契約などは不利なものでもそのまま行われますが、そうならないケースもあります。

賃貸物件を利用するときに契約をします。その中に原状回復についての記載がありました。そこに畳の交換費用とありました。タバコなどで焦がしたりすれば負担は必要でしょうが、契約時にすでに交換費用を借り主が負担するとあります。

原状回復についての特約は、無効になるものが多いです。通常の利用部分による劣化などは、借り主は負担する必要がありません。特約として書かれていてもそれを負担する義務はないので、計算のし直しを求めます。