賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

賃貸物件の建て替えのために立ち退きを言われた

建物は老朽化するものです。それを修繕することによって、耐用年数を伸ばすこともあります。でも、それを貸し手ビジネスをする場合、いかに価値を維持できるかになります。古くなれば、入ってくれる人が減り、賃料も高くできなくなってしまいます。賃料を高くしようと思ったら、建物を新しくするのは手っ取り早い方法になります。ある賃貸物件を利用していたのですが、建て替えをするので立ち退いて欲しいと言われました。立ち退かなければいけないかです。

借りて住む人には借家権と呼ばれる権利があります。これは強力な権利になっていて、居住者が住み続けますと言えばいつまでも住めると言われています。建物の価値を上げるために建て替え位の理由では立ち退きを強制することはできません。

しかし、老朽化が進んでいて、建て替えをしないと危険な場合などは別になります。この時は従うしか無いでしょう。その他、貸し主が利用するために契約の更新ができないこともあります。強い借家権でも対抗されることもあります。

賃貸・住まいを今から調らべましょう