賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

賃貸の広さは畳と平米や坪で示される

昔の単位を使うものとしては、升があるかもしれません。お酒や醤油などにおいて瓶入りのものがあります。一升である1.8リットルになっています。今は、多くの単位においては、世界の共通のものが使われています。重さならグラムですし、長さならメートル、その他リットルなどを使うこともあります。賃貸物件において使われるといいますと広さになります。広さの単位としては平米があります。これは平方メートルのことになります。

不動産関係でよく使われる単位が坪です。一坪3.3平米と言われています。LDKで示されると実際の広さはわかりませんが、坪や平米であればわかりやすくなります。また、日本の住宅ならではの広さの単位があります。

それは畳です。畳2枚が1坪で3.3平米とされています。畳の中でも、江戸間と京間が使われますが、今は江戸まで見ることが多くなっているようです。単位を知っていると、不動産業者にどれくらいがいいか言いやすいです。

賃貸・住まいを今から調らべましょう