賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

外国人向けの賃貸が増えている訳

最近では、外国人向けの賃貸が増えているとそうです。これは都心など比較的に都市の方の現象なのですが、日本でもついに外国人労働者を一部受け入れようという気運が高まっているのだそうです。それは日本の労働者人口が減っているということがあります。少子化により今後もそれがますます悪化して行くということは誰の目にも明らかなことでしょう。

自治体によってはすでに人口の3分の1以上が65歳以上の老人という比率のところもあり、人口が増える気配はないと言えます。また企業においては労働者確保が急務になっていて、すでに日本人ではまかなうことができない業種も多いです。例えばコンビニではレジに外国人の方が立っていることも珍しくはありません。このように流入してくる方が多いので、外国人向けの賃貸が増える図式は今後ますます強まっていくと考えられます。丁度、東京五輪もありますし、そこで労働者が必要になってきますので、流れとしては変わらない状況です。

賃貸・住まいを今から調らべましょう