賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

こじんまりとした賃貸でネイルサロン

私がいつも通っているネイルサロンは、ネイリストのお姉さんが住んでいる賃貸マンションで営業しています。パッと見た感じでは2LDKだと思われるのですが、広めのリビングの端に長い机を置き、机を挟んでお客さんと向かい合って座るお姉さんの後ろ側に、ネイルに関するパーツを、たくさん収納している棚を配置しています。ネイルに関しての設備を置くと、あまり広いとは言えない部屋にかなりの場所を取るので、生活するのに邪魔ではないのかな?と思ったりします。

またお姉さんが、「部屋のニオイが気になってお昼に焼き魚とかは食べられないの」とポロリとこぼしたこともあって、ネイルサロン用に別で部屋を借りないのか聞いたことがあります。そのサロンは一カ月前でも予約ができないことがあるほど人気で、十分収益はあると思うので、部屋を借りても全く問題なさそうに感じたからです。しかし、職住が同じというのは、何物にも代えがたい利便性があるそうで、引っ越すことは全く考えていないと言っていました。

賃貸・住まいを今から調らべましょう