賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

不動産賃貸の仲介手数料

賃貸アパートを探すときはネットなども活用するとは思いますが、最終的には不動産屋さんに行って、実際にそのアパートを見て決めることが多いと思います。その後は賃貸契約です。重要事項などの説明を受けながら契約書に記名、捺印をします。

不動産屋さんの仲介によって賃貸契約が成立した場合には、不動産屋さんに仲介手数料を払わなければいけません。仲介業者は宅地建物取引業者ですから、宅地建物取引業法という法律により受け取ることができる報酬が決まっています。

お客さん(この場合はアパートのオーナーとアパートを借りる人の両方)から得られる業者の報酬額の合計金額には上限が決められています。その金額は、アパート家賃(オフィスの場合は消費税含まない金額)の1.08倍に相当する金額以内です。また、一方から受け取ることができる報酬の金額は、一方からの承諾を得ている場合を除いて、家賃の一か月分の0.54倍に相当する金額の範囲内ということになっています。

賃貸・住まいを今から調らべましょう