賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

通常よりも多いペット飼育可能な賃貸マンション物件の敷金

通常賃貸マンション物件を不動産会社で契約する場合ははじめに敷金を払う形になります。そして敷金は住民が退去したりしたときに、部屋の中が汚れていたり傷が付いていたりしたらその修復のために支払うことになります。賃貸マンション物件の場合は退去の時には現状回復しないといけないです。しかし普通の生活の範囲の汚れなどは特に支払わないでいいので、はじめに不動産会社で契約のときに支払う敷金は普通に返ってきます。

しかし汚しすぎたりや、また傷が多かったりした場合は敷金の中から支払われる形になります。敷金ははじめに支払う金額で、通常は家賃の2ヶ月分などを支払っておくことが通常です。しかし汚す可能性が高いペットの飼育してる住民に関しては敷金が通常の2ヶ月よりも1ヶ月多い3ヶ月支払ったりする場合もあります。しかしその分退去のときにも傷や汚れなどをつけないように生活してるとすべて敷金は返ってきたりもしますので、気をつけて生活をすることが大事です。