賃貸生活長い目で見る気持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸生活長い目で見る気持ち

賃貸マンション物件での敷金の使い道

不動産会社で新しい賃貸マンション物件を探す際にはいろんな賃貸マンション物件を見せてもらってその後気に入った場合は契約する形になります。そして契約するときには家賃のほかにも敷金を支払うことになります。敷金というのははじめに払う金額で通常は家賃の2ヶ月分ほど支払います。この分はもし住民が家賃などを滞納してしまったりした場合はその敷金の分から支払っていく形になります。だからそのためにも敷金がはじめにいります。

また敷金は滞納以外にも、住民が退去するときの部屋の修復などに使われる費用です。住民が退去したときには基本的に原状回復で返さないといけないです。原状回復とは元通りに戻すことになりますが、普通の使ってできた汚れなどや、傷などは仕方がないですが、それ以上の余計に汚してしまったり傷をつけてしまったりした場合に修復として費用を負担しないといけないです。その負担のためにはじめに敷金を支払ってその敷金で補修してもらいます。